宝物を見つけやすくするために


自分にとって、またはあなたにとっての宝物は、自分のすぐそば、あなたのすぐそばにある!
身近にありすぎて気付きにくいが、確かにある。

この世には「収穫逓減の法則」(しゅうかくていげんのほうそく)があり、
法則である以上、さけることはできない。
例えば、農家にとって、お米が豊作であるのはありがたいが、毎年同じように豊作だったら、「あたりまえ・・」
という感覚しかないと思う。
最初は、感動し、神さまに感謝しても、である。
これが「収穫逓減の法則」の意味なのだが、では、どうしたらいいのだろうか?

「どうしたらいいのだろうか?」
という意味がおわかりだろうか?

感謝して努力しているうちは、人間は、豊かにくらすことができる。
困難辛苦にあうのは、人間が「あたりまえ・・」という感覚、つまり傲慢になり、
感謝の心を忘れてしまうからだ。
だから、「どうしたらいいのだろう?」なのである。
感謝の心を忘れないようにすることは、始めのうちはできても、またすぐ忘れる。
「忘れないようにするにはどうしたらいいか?」

色々な方法があるかも知れない。
紙に書いてトイレの壁に貼るか、
目覚まし時計のようなシステムに組み込んで、毎日1回は聞こえるようにするか、
その時の感動の思いを、イラストや絵画などに制作し、詩でもいいが、作品をフレームをつけて飾っておいてもいいと思うが、とにかく工夫してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です