目玉商品


「目玉商品」は、最近は聞きなれない言葉かも知れないが、客寄せ用の商品のことだ。
いわゆるセール用に作られた商品と、本当に価値ある商品をサービス価格で提供する場合、他には
多少難あり商品を、低価格で提供する場合などがある。

ここで、お勧めの買い方と、できるなら控えたい買い方をご紹介しよう。
いつもよく行くお気に入りのお店で、普段は手に入りそうもない高価で質の良い商品が値下げされていたら、
お買い得なのは言うまでもない。
自分のお財布の中身と相談して、よしとなれば買っておけばいい。
今すぐは必要でなくても役に立つと思うし、誰かへプレゼントとして差し上げてもいい。

一方、初めてか、またはあまり行かないお店で、同じような商品がお買い得価格で提供されている場合なのだが、これには絶対に手を出さないこと。
まず、がっかりするのが落ちだ。
お店が値下げするには理由がある。
いつも行くお店は見当がつくが、知らないお店ではわからないし、最初から値段相応の商品を、目玉商品のように演出しているケースが多い。

先日、自分としては下手な買い物をしてしまった。
よく行くスーパーマーケットで、少しばかり高価なお弁当が、大幅に値下げされていたので、思わず購入してしまった。が、すぐがっかりした。
家に帰って食べてみてわかったのだが、すごい上げ底になっていた。
お弁当の味は悪くはなかったが、これでは値下げ価格相応ではないか。
普段の価格は高すぎることになる。
「もう、こんなお弁当は絶対に買わないようにしよう」と、本気で思った。

こんな思いは以前も違うお店で経験していることなのだが、もうすっかり忘れていた。
その店の、本物の目玉商品は、常時、お値打ち価格で提供されている場合が多い。
普通のお客は、目玉商品目当てに店を訪れても、その商品だけ購入して帰る人は稀で、だいたいは他の商品を一緒に購入する。
他の商品は、かなり高めの価格設定がなされていることがよくあるから、考えなしで手当たりしだいにショッピングカートに商品をいれないことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です